スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

How do you think how old am I? (2006)

IMGP0850.jpg

IMGP0847.jpg

IMGP0854.jpg

Project title
Body For Work Project - 'How do you think how old am I?'

Project details
reserching about body (ei. gender, disability etc.)and make a work with research materials.

Resolution
Making a card game to guess people's right age and enjoy the gap between age and look.


(2006 Winter)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Concept

I took 'age-gap' as main theme of this project.
About me, I do not look like in my age. When people guess my age, normally they say youger age than my real one. Also it is not easy to guess people's age for me.

For instance, when I go to a pub, meet new people and ask their age, 90%(by my research) of them ask back same phrase "How old am I look like?" instead of answering my question.
This is kind of game and also part of communication and I brought that play into a card game.

I put guess-age on right side and real age on back side.
As their name and occupation are printed on the right side, they will be hint to guess real age.

Face tells your life and identity, and no one have same face and life of yours.
Age-gap is one of the attractive personality and only human could have.
Make fun, and enjoy your age-gap.


体について研究し、それに基づいて作品を作る課題です。
見た目と実年齢の違いを楽しむカードゲームを作りました。

私個人の話になりますが、基本的に私は実際の年齢より若く見られます。
そして私も思っていたより人の年齢が当てられません。
例えば、パブに行って他人と仲良くなったとします。そこで相手の年齢を聞くと9割の人が『いくつに見える?』と返してきます。
これは一種のゲームのようであり、コミュニケーションの一部でもあります。
そこでこの’遊び’をカードゲームに見立てて作品を作りました。

カードの表に予想した年齢を、裏に実年齢をプリントしました。
また、表には名前と職業がプリントされているので年齢を当てるヒントとなります。

顔はその人の歩んできた人生やアイデンティティを物語り、全く同じ顔と人生を持った人物はひとりもいないはずです。
見た目と実年齢の違いが出る現象は人間のみに与えられた個性であり、その差をマイナスとして考えるよりも’自分だけが持つ個性’のひとつとして認めて楽しんでみては、と提案することがこの作品のコンセプトです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

スポンサーサイト
2009年01月08日 | Comments(2) | Trackback(0) | College projects 03

Ilusive flyer (2007)

ILUSIVE-FLYER-4web.jpg


Flyer design for London based Indepent band 'Ilusive'.

(2007 Summer)

It was first time to have a gig in Japan for the band, so I intended to design a London-like image but not really obvious.
These images on the flyer are objects which all make sounds as the band make sounds too, and red coulor is kind of symbol as they are from London.


ロンドンを拠点に活動するバンド・Ilusiveの来日ライブ用にデザインしたフライヤーです。
ロンドンから来た、ということをアピールする為にロンドンのシンボルカラーである赤を意識的に使い、ロンドン内で撮影したオブジェクトをイメージに使いました。楽器はもちろんのことドアや建設中の建物など、全て音を出すことが出来るオブジェクトも、音楽を奏でるバンドのフライヤーであることを意識して集めました。

2009年01月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | Flyers

ASAHI BEER Summer campaign (2007)

Shine_330x228_Guardian.jpg

-Designnig the sun for ASAHI BEER Summer campaign 2007.

I designed the sun which represents both of sunrise and sunset.
This advertisement was appeared on numerous news papers and magazines (Londonpaper, I-D, Dazed&Confused etc.).

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ASAHI BEER UK サマーキャンペーン用デザイン(2007)

夏至の日に打ち出される広告とのことで、日の出と日の入りのふたつの自然現象を兼ねた太陽をデサインをしました。
現地の新聞や雑誌等に掲載されました。
2009年01月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | Professional Works

Visual Devates -Perfection

Final piece
perfection final piece

perfection final piece 02

perfection final piece 03

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Sketchbook work - research
perfection sketch book

perfection sketch book 02

perfection sketch book03

perfection sketch book 04

perfection sketch book 05


experimental work
perfection experiment


Drawing squares - for final piece.
long paper

perfection drawing



Project title
Visual Devates

Project details
Choosing a theory or matter and discuss each theories with partner. (finding a link or difference.)
For the result, create new form from the answer of the discussion.

Resolution
Making a form of perfection (from theories of Narcissim and Utopianism)

(2008 Spring)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Concept and working process

I chose ‘Utopianism’ and my partner Cian took ‘ Narcissism’, and we found out ‘perfection’ is the similaiy of the both theories as utopianism is aimed at making perfect world and narcissism means perfect self-love. We had discussed and found many of ideas to represent perfection. (using numbers, fractals, using google tool, etc.)
However, we but couldn’t find the meaning of perfection and got a question “what is perfection?, and we were lost.

We turned back to the starting point and thought about it with primal view, and found out everything would be perfect if we think.Your rubbish might be someone’s tresure, and my tresure would be your’s rubbish. It is all depend on our value for object.
We found when subjectivity and objectivity are mixed, then there will be perfection.
Everything is made by dark part and bright part like shadow and light. (When light illuminate an object, and shadow comes. the situation or the object is perfection. )

We represented our perfection by drawing massive number of squares on a long roll paper. (square is paerfect shape)
We both made defferent design and my one is inspired form fractal and drew infinity squares. After that, we cut off to two papers and pleated for experiment.
My hand drawing is messy and not exactly straight so would be imperfect for someone, but it’s perfect for me.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

配布されたリストの中からひとつの学説/理論を個々に選び、ランダムに選ばれたパートナーとお互いの学説について話し合い、ひとつの作品を作るという課題です。


私はユートピアニズム、パートナーであるCianはナルシシズムを選び、話し合いを進めていくうちにパーフェクション(完璧)が双方の理論に共通するものだと発見しました。(ナルシシズムは完璧な自己愛を追求することを意味し、ユートピアニズムは完璧な世界/理想郷を作り上げることを目的に派生しました。)

’完璧’をかたちにするために様々なアイデア(数字、フラクタル等)を出し話し合いを重ねましたが、完璧の意味を見つけることは容易いことではなく「そもそも何が完璧なのか?」という疑問だけが残りました。

原点に戻り、始めから考えることにし、”人がある’物/人’を自身の価値観により完璧だとみなした時に、その’もの’は完璧となるのではないか”という理論を出しました。人の価値観というこのはそれぞれ異なり、ある人にとって全く価値のない物が別のある人にとっては宝物になりうるかもしれません。
光があるところに必ず影が出来るように、全ての’もの’は陰と陽から出来ていると私は考えています。光と影を作り出す’個体’や、人がそれぞれ持つ価値観の’違い’こそ個性であり実存であり完璧なのではないのでしょうか。

”相反するもの=客観性と主観性、陰と陽が交わった時に完璧が生まれるのかもしれない”という結論をコンセプトとし、完璧の象徴である四角を描くことで自分たちなりの完璧のかたちを表現することにしました。


約6メートルに及ぶロールペーパーを半分に区切り、それぞれが思う’完璧’なデザインを描き完成させました。私のパートはフラクタルからインスピレーションを受け、”永遠/無限”をテーマに大量の四角を描きました。手作業でひとつひとつインクで描いた為に、インクがはみ出てしまったものや、いびつな形をしたものばかりです。真っ直ぐできれいなラインで描かれたものはひとつもありません。ある人には完璧ではないかもしれませんが、これがわたしの価値観に基づく完璧なかたちです。

2009年01月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | College projects 01

Book design for Dr.Jekyll and Mr.Hyde

Final Piece - Cover
Book cover: Dr. Jekyll and Mr. Hyde

Inside of the book
Inside of the book

reflection of the words by mirror
reflection by mirror .

reflection by mirror.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Sketchbook works - research and making idea
sketch book

sketch book

Project detail
Using whole texts from the novel Dr.Jekyll and Mr.Hyde and creating new reperetation for it.

Resolution
Book design with mirror papers

(2008 Spring)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Concept

I picked up a mirror as a transformation object as Jekyll used medicine to be Hyde.
Also, through reading the book, I often find that Jekyll looked at mirror to check his figure.
Mirror (or picture) is only one object that we can see ourselves with objective view, and Jekyll might looked at inside of himself objectively by the medicine.
Actually we can not judge Hyde is bad and Jekyll is good, because both of them were radically figured by a person: Jykell. I found the phrase of Greek philosphy that is “If you would like to know the fact, see yourself in the mirror. And everything would be evident.”Words sould be always subjective, so my idea is if we look at Hyde and Jekyll’s words carefully through a mirror, we might find the fact or something beyond the words.


I made a book and it is composed of two parts, the Left side is mirror part and the right side is words part.
In word parts, I put words of characters next to the mirror to be visible when reader see the words in the mirror. Only Jekyll and Hyde’s words are reflected so we can read the whole text only when we look it in the mirror.
When people do slant the mirror parts, also they can play with line of words as they see own face objectively.


About book cover design, I drew an image by my first impression of the story.
There was something foggy and gloomy image in my mind.
The drawing is like smoke or fog, and it also could be image of the moment of transration (Jekyll became Hybe), Jekyll’s Feeling and Hyde’s mind. I tried to make the book like a picture book for adult because children do transformation-play, and Jekyll (as an adult) brought it into reality.
Transformation is permanent dream for every people and my aim of this work is to make feeling of nostalgia for childhood for adult.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ジキル博士とハイド氏の小説を元に、一冊の本を製作しました。


ハイド氏は邪悪な心を持った人格、ジキル博士は善良な人物として小説のなかでは描かれています。薬を飲むことでそれを解放したとはいえ、ハイド氏の人格もジキル博士が元々持っていた隠れた人格の一つであり、どちらが善で悪かを定めることは何かが違うような気がします。

ギリシアの哲学に、”真実を知りたければ汝の姿を鏡に映せよ。そうすれば真実が明らかになるであろう”という言葉があります。

小説の中にも鏡は数回に渡り登場し、ハイド氏になったジキル博士を映し出します。
鏡(または写真)は自身の姿を客観的に見ることが出来る唯一の道具です。
ジキル博士は自身の心のなかを客観的に覗く為に薬を使ったのかもしれません。



日本語に’言霊’*という言葉があるように、主観性を持った言葉や行動は自身を証明するサインのようなものであると考え、彼らの言葉を鏡に映せば何か真実を読み取れるのでは、と思いこの作品を作りました。
(*言霊=言葉にも力や魂が宿っているという意味)

鏡のようなミラーペーパーを左側に、右側はジキル博士とハイド氏が発する言葉のみを反転させたテキストを配置し、ミラーペーパーを覗き込まなければ彼らの言葉を解読出来ない仕組みになっています。

子供は変身ごっこをして遊び、大人であるジキル氏はそれを現実にしました。
そこで、’大人が読む絵本’をテーマにデザインし、表紙に使われたドローイングはハイド氏とジキル博士の心の闇をイメージして描いてみました。
2009年01月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | College projects 01
 | HOME | OLD »»

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。